thumb1.jpg

現在発売中の「週刊文春」に、MJの記事が掲載されているので、読んでみて下さいね~。
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

先週、米国で発売されたMJの暴露本"Unmasked"について書いたものです。
この手の本は、”大本営発表”的な報道をしている日本のテレビや新聞は、なかなか取り上げないものですよね。でも、この手の本にも真実ってあると、ワタクシ的には考えているので、書かせてもらいました。

41082281.jpg
Unmasked /The Final Years of Michael Jackson
同著では、マイケルがゲイだったことも明かされていますが、その真偽は!?

halperin.jpg
著者のイアン・ハルペリン氏はNY times bestseller著もある調査ジャーナリスト。
セリーヌ・ディオンの本も書いています。
内容が内容だけに批判も多いのですが、あるテレビの取材では「300時間分の取材ビデオもある」と言って、自信満々。

著者はここのところ、テレビに出てプロモーションしていますが、MJはコンサートができるほど健康ではなかったにも関わらず、周囲の人々は誰も彼を助けようとしなかったというのが著者の主張。この著者、実は、半年前にマイケルが重病であることを発見し、「マイケルは後半年しか生きられない」と予期していたんですが、その通りになってしまいました。
一方、プロモーター側はMJは健康だったと主張して、それを証明するかのようにリハーサルビデオで元気に踊るマイケルの映像を公開しましたよね。しかし、この著者がそのリハーサルビデオを、専門のコレオグラファー(振付師)に見せたところ「リハーサルビデオでのマイケルのダンスは良くない」という評価だったそうです。ワタクシたちのようなしろうと目には、すごく上手なダンスに映じるけれど、プロの目には、それほどいいダンスには映らなかった。それも、マイケルの健康状態と何か関係があったのかもしれませんね。
この暴露本の中では、以前のようには歌えず、踊れなくなった自分に”もう終わりだ”と限界を感じていたマイケルの姿を見出すことができました。急逝前は、自殺を思わせるような発言を多々していました。

暴露本というと、遡ること10年くらい前に、ある元アイドル歌手の暴露本執筆に手を染めてしまっていた(笑)ワタクシです。
ホテルに缶詰にされて、1週間ほど集中的に暴露してくれる人から話を伺い、その後1週間で書き終えたという超早業本でした(笑)。その間、殆ど眠れなかったけど、まだ若かったからできたんだろうな~。もちろん、その本は、暴露してくれた方の名前で出版されたので、ワタクシはいわば影武者のゴーストライターだったわけですが、あれはあれで、面白い経験でした。

thumb.jpg

昨年11月は、オバマさんの暴露本についての巻頭記事を「週刊現代」で書いたりしたわけですが、オバマさんが大統領になれたのは、ケニヤにいた父親の存在があったからだなあと実感。
オバマさんのお父さん、ケニヤからアメリカ留学してきた優秀な学生だったのですが、ケニヤに戻ってからは社会的に転落、慢性的アルコール中毒になり、最後は、飲酒運転をして事故を起して、なくなりました。
オバマさんは、物心ついた後は、実のお父さんには一度しか会ったことがないのですが、”父親のようにはなりたくない”、常々、そんなふうに思っていたようです。
ミシェル夫人があるテレビショーで話していました。
「バラクがもらった最大の贈り物は“父親のようにはならない”ということ。彼がそのことをスピーチで話した時は感動しました」
反面教師だった父親が、オバマさんにとっては大きな原動力だったわけですね。

暴露本って、どこまでが真実で、どこまでが作り話なのかって疑問な部分は常にあります。
ハナから嘘と決めてかかるような人もいるけれど、自分のゴーストライター体験や暴露本取材体験を通して言うなら、丸っきり嘘というのはまずあり得なくて、そこには必ず真実が隠されている。そう思います。
至極、月並みですみませんが、“火のないところに煙は立たない”。

しかし、ここのところ、MJものは、だんだん関心が薄れ始めているような.......。
アメリカでの報道も少なくなって来ている感じです。
それにしても、今だに、マイケルがお墓に埋葬されていないこの状況って、やっぱりおかしいですよねえ。
早く安眠させてあげてほしいなあ。

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加してみました。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
スポンサーサイト
テーマ:ロサンゼルス
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック