FC2ブログ
 
ヤフー・ニュース個人米ビバリーヒルズ市、タバコ販売を禁止 5人に1人が喫煙関連死 ニコチンは違法ドラッグに次ぐ中毒性でも書かせていただきましたが、昨夜、ビバリーヒルズ市でタバコ販売禁止条例案が承認され、法制化されました。タバコ販売を禁止する措置をとった自治体はアメリカでは同市が初めて。実に画期的な、そして、他の自治体をインスパイアする動きだと思います。

ビバリーヒルズ市長によると、ロサンゼルスのマンハッタン・ビーチ市も、同市を手本に、タバコ販売を禁止する条例を検討しているそうです。

予想ですが、ビーチ沿いの市は環境意識が非常に高いので、マリブ市やサンタモニカ市などもこの条例に追随するのではないかと思います。

近い将来、タバコが販売されなくなる日が、アメリカに来るかもしれません。

スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック