現在発売中の週刊現代にて、世界三大投資家の一人であり、”投資の神様”と呼ばれているジム•ロジャーズ氏にインタビュー致しました。

cover_gen20150808.jpg

【独占インタビュー】投資の神様 ジム・ロジャーズ「日経平均は3万円まで上がる」※最後までお読みください

ロジャーズ氏へのインタビューは2度目になりますが、毎回、歯に衣着せぬ発言に驚かされています。
今回は、注目のギリシャ経済、中国経済、アメリカ経済、日本経済について、主にお話を伺いました。
先日インタビューした、ロバート・シラー教授は、アメリカの株式市場の高騰を懸念し、現在の日本の株価の動きが世界金融危機直前と似ていると指摘しておられましたが、ロジャーズ氏も、ここ1〜2年で、世界経済が後退すると明言。
また、このまま紙幣を刷り続けると、日経平均は3万、4万まで戻る可能性があると予測。
また、日本の未来については、「すぐにではありませんが、最終的には、日本はギリシャのようになってしまうでしょう。日本は衰退している状況なのです。子づくりをするか、移民を入れるかしかないのですが、今は、負債が膨らみ、人口が減少している。繰り返しますが、人口が減少し、負債が膨らんでいるのです。全然いい状況ではありません。今から10年、20年後、人々は安倍さんが日本を滅ぼしたことに気づくでしょう」と指摘。

是非、ご一読下さいませ!

スポンサーサイト
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック