上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在発売中の月刊現代後継新機軸メディア「G2」に、ロング・インタビューさせて頂いた堀潤さんの記事が掲載されております。
堀さんの記事については、FRIDAYの方でも3度ほど取材構成をさせて頂いたのですが、見開きでしたので、十分に伝えきれなかった部分がありました。今回掲載させて頂いたのは12ページの長いインタビュー記事です。是非ご一読下さい。
宜しくお願い致します m(_ _)m

・講談社「G2」Vol.13
「僕がNHKを辞めた本当の理由」

http://g2.kodansha.co.jp/1251.html

ウェブにも記事が掲載されましたので、こちらでも読むことができます。
http://g2.kodansha.co.jp/25229/25247/25248/25249.html

IMG_2385_convert_20130601082711.jpg

IMG_2387_convert_20130601082801.jpg

IMG_2388_convert_20130601082858.jpg

withHori3_convert_20130602022953.jpg

UCLAに留学されていた堀さんとFacebookで繋がったのは昨夏のこと。
昨秋、ランチをご一緒しながらいろいろお話し、久しぶりに、とてもエネルギッシュでキラキラ輝いている方に出会ったと感動! 
2月の終わり、堀さんが制作されたドキュメンタリー映画「変身」がUCLAで上映会されることを知り、FRIDAYでその様子を取り上げたわけですが、その記事「NHK堀潤アナが世に問う反原発映画」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35189
NHKの上層部を刺激し、予定されていた追加上映会の中止命令が出されてしまいました。局に留まっていては目指すものが実現できないと考えた堀さんは「創造的な退職」をされました。
堀さんが目指しているのは”パブリック・アクセス”を実現させること。“パブリック・アクセス”(市民の放送参加)とは、市民が国の財産である電波にアクセスして、テレビ局が持っている情報を共有できたり、自分が撮った映像を流してもらったりすることができる権利のことです。この権利、アメリカやイギリスはもちろん、韓国にも浸透しているんですが、日本にはまだないのです。開かれたオープン・ジャーナリズムのインフラを立ち上げるべく独立した堀さん。独立後のご活躍は目覚ましいものがあり、とても頼もしく、また嬉しく感じています。

組織の圧力に屈することなく、最後まで信念を貫き通した堀さんの勇気ってどこから生まれているんだろう? そう自問した時、それって、”保身しない強さ”なのかなと思ったりしました。何度か、堀さんが”保身”について言及したことが心に残っていたからです。
「結局、上の人間はみな保身に走っちゃうんですよね。家のローンや生活があるのはわかりますが、それで社会を良くして行くことができるでしょうか」
おそらく、世で起きている問題の多くの原因は”保身”にあるんじゃないかという気がします。保身するゆえに、言わなければならないこと、言うべきこと、言いたいことが言えない。保身するゆえに、隠蔽し、嘘をつく。そして正しいことが行われず、不条理なことが罷り通ってしまう。みなが保身して縮こまっている日本というシステム。でも、それで前に進むことができるでしょうか?
堀さんが保身することなく、正しいと思うことを主張し続けているのは、彼が昔から、純粋なまでに「性善説」を信じているからかもしれません。本音をぶつけ合って話し合えば、人はお互い理解へと一歩ずつ近づくことができると。そして、このことこそ、たくさんの誤解や相互不理解や不信が蔓延している日本の政治やメディアに欠けているもののような気がしますが、どう思われますか?
性善説を信じて、保身することなく生きる。
そうあれたらなと堀さんを見ていて思いました。

これからも、堀さんの活動を見守り、支援して行きたく存じます。
みなさんも、パブリック・アクセス実現に向けた堀さんの活動を是非ご支援下さい!
心より、宜しくお願い致します m(_ _)m

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
スポンサーサイト
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。