こんにちは!
久しぶりのブログです~。
7月前半は、ニューヨークに取材に行ったりなどして、バタバタしておりました。
先週金曜に、取材&執筆した記事がいろいろ発売されましたので、是非お読み下さいませ!

★AERA
aera.jpg

「証言」にこそ宿る真実
アイリーン・美緒子・スミスが見た水俣、スリーマイル、そして福島

元夫で写真家のユージーン・スミス氏とともに、水俣病の患者たちを取材撮影したアイリーン・スミスさんにインタビューしました。アイリーンさんはスリーマイル島原発の事故後、付近の住民200人あまりにインタビュー。住民の身体や身の回りで起きた微妙な異変を詳細に記録しました。水俣、スリーマイル、そして福島の共通点は何なのか。そして、今、行政は、被爆者たちはどうすれば良いのか。アイリーンさんのお考えを是非お読み下さい!
同誌編集長より「とても面白かった」とのお言葉をいただいた自信の記事です!

★週刊現代
wgendai.jpg

衝撃スクープ! 本誌が英国研究所と共同で独自検査 ■福島市の大気 恐るべき検査結果を初公開

クリス・バズビー博士に、事故後も福島を走行していた車のエアフィルターを4点送り、フィルターに付着している核種を検査していただきました。その結果、セシウム134とセシウム137だけで、成人は事故後約3ヶ月間で、0.38~0.53mSvも吸引していたことがわかりました。そして、再臨界した時に発生する核種であるテリリウム129も検出されました。同誌には紹介されませんでしたが、博士によると「ウラニウムが検出されることに疑いは持っていない」。現在、ウラニウムとプルトニウムについては、ラボで検査中です。結果が出次第、掲載することになると思います。

★エコノミスト
economist_convert_20110718055936.jpg


【特集】共同購入クーポンの光と陰 グルーポン、ポンパレ、一休マーケット…
・米国最新事情 店舗の利益薄く 問われる持続可能性 


グルーポンをはじめとする共同購入クーポンが増えていますが、いったい、この共同購入クーポンはサステイナブルなビジネスモデルなのでしょうか? それを検証すべく、レストラン関係者たちや研究者、サイトの分析をしている方に取材しました。その結果は.....。
記事の導入部だけになりますが、こちらで読めますのでどうぞ!
http://mainichi.jp/life/money/kabu/eco/summary/news/20110715org00m020029000c.html

いろいろ取材してますが、今月のスクープ?は、やっぱりこのカップルだニャン!
ニャンをお姫様抱っこするラスカル?

アライグマ


そして、MY取材は、これからも続きます!

to be continued......

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
スポンサーサイト
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
コメント
プルトニウムなどは出たのでしょうか?
週刊現代記事の署名からこちらを探して来ました。
続編記事がないようですが、結局、プルトニウムなどは出たのでしょうか?
2012/09/11(Tue) 19:39 | URL | 都内在住 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック