ツイッターで、都内の線量数値が出ているマップを目にすると、0.1マイクロシーベルト以上のところがけっこうあるのに驚かされる。ツイッターに掲載されていた以下のブログによれば、都内はどこも0.1マイクロシーベルト以上だ。

http://blogs.yahoo.co.jp/charley0228/folder/1517420.html?m=lc&p=1

実は、この0.1マイクロシーベルトという数字は、クリス・バズビー博士が、東京における癌発生数の予測に採用した数値である。4月半ば頃、『FRIDAY』でバズビー博士を取材して、原発から200キロ圏で癌がどれくらい増えるかインタビューした時(50年間で、200km圏内で40万人規模のガン患者が発生する可能性)、東京の場合はどれだけ増えるのかとても気になり、きいてみた。というのは、原発から200キロ圏内に、東京は含まれていなかったからだ。もっとも、その時きいた東京での癌増加予測数は掲載されなかったので、今日、ブログでお知らせできたらと思う。

ちなみに、バズビー博士は、200キロ圏内で40万人規模の癌患者増加を予測した時、”控えめな数字”をとって計算したと言う。東京での癌増加予測に使った0.1マイクロシーベルトという数値も同様に”控えめな数字”であると博士は考えており、
「事故直後は、東京でも1マイクロシーベルトのところもありましたからね。だから、私の予測した数字以上に癌が増えるかもしれない」
と話した。
しかし、現時点で、都内で0.1マイクロシーベルト以上のところがあるという実態を見ると、バズビー博士が”控えめな数字”で計算した以上の数になる恐れもあるということなのか....。

martin_tondel_convert_20110611121619.jpg
マーチン・トンデル博士

FNT_20110613.jpg
http://www.aera-net.jp/summary/110605_002423.html

ところで、6月6日発売の『AERA』で、スウェーデンはゴーセンバーグ大のマーチン・トンデル博士を取材した。トンデル博士は、チェルノブイリの事故後、スウェーデン北部に大雨により降下したセシウム137の堆積量に着目し、スウェーデン北部における癌発生数の増加を調査、セシウム137の堆積量に比例して癌の数が増加したことを発見した。
以下は、京都大学の今中哲ニ教授がお訳しになられたトンデル博士の論文である。

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/tyt2004/tondel.pdf#search='マーチン・トンデル'

この調査でトンデル博士は、セシウム137の堆積量100キロベクレル/㎡あたり、11%の割合で癌が増加したことを発見する(しかし、博士は1996年以降も研究を続けたため、1999年までの研究結果では、この割合は10%となった)。
バズビー博士は、トンデル博士が発見した癌のリスクモデルを東京のケースに採用した。バズビー博士によれば、東京の線量を0.1マイクロシーベルトと仮定した場合、その線量は20キロベクレル/㎡のセシウム137堆積量に相当するという。つまり、20キロベクレル/㎡の場合、癌の増加は、10年で2.2%となる。

以下に、バズビー博士から送られて来た計算法をそのままペーストした。
しかし、この計算では、東京の人口が3500万人と仮定されており、また、計算ミスも見られたので、下に東京の人口を入れて計算し直してみた。

TOKYO LEVELS were 0.1MICROsV /H . THAT TRANSLATES INTO ABOUT 20KBQ/SQM. USING 11% FOR 100KBQ THAT IS AN INCREASE OF 2.2% CANCER OVER TEN YRS.

POPULATION TOKYO = 35mILLION
The natural cancer rate is 462 per 100,000 per year.
EXPECTED CANCERS EVERY YEAR NORMALLY IS 16,6320(計算ミスのようですね。161700が正しいかも)
2.2% IS 3659 A YEAR(正しくは、3557 a year)
OVER 10 YEARS IS EXTRA 36,590 INCIDENCE(正しくは、35,570 incidence)

同じやり方で、今の東京の人口(1300万人とした)を入れて、試算してみた。
自然に癌になる人の割合は毎年10万人中462人、1300万人では60060人。
これに福島第一の事故による増加率2.2%をかけると、1321人/年が、放出された放射線より癌になる。
トンデルモデルの増加率は10年間の調査による増加だったことを考えると、10年間では13210人が、事故による放射線により癌になることになる。

ちなみに、原発から100キロ圏での計算はバズビー博士によると以下となり、今後10年で100620人の増加。
The natural cancer rate is 462 per 100,000 per year.
In 3.3 million population you expect 15246 per year.
We assume 600kBq/m2. That woudl be associated with a dose rate of 2microSieverts per hour at 1m above the ground.
This is 6 times 11% = 66% increase
That is 10062 extra cancers due to the contamination per year.
That is 100,620 in ten years.
THis is for the 100km2 radius.

*気付いた方もおられると思いますが、東京では0.1マイクロシーベルト=20kBq/㎡なのに、100キロ圏では300KBq/㎡=1マイクロシーベルト。てことは、0.1マイクロシーベルト=30Kbq/㎡ではないのか??? 何かの意図があって、バズビー博士がそう計算したのかわかりませんが、0.1マイクロシーベルト=30Kbqの場合は、東京での数はもっと増えますよね。

そして、昨日、ツイッターで目に止まった杉並でのセシウム汚染における以下のやりとり。
http://togetter.com/li/146004
質問者:杉並の36,000Bq/m^2=36kBq/m^2はこの資料のチェルノブイリのケース「汚染地域(Contaminated Area):37kBq/m2 以上」に近いわけですね..
早野先生:Cs-137のみから計算して比べるので,半分ぐらいでしょうか.ほぼ管理区域並の汚染であることは確か

つまり半分ぐらいということは、約18kBq/㎡ということ。
これをバズビー博士の言う0.1マイクロシーベルト=20Kbq/㎡の式にあてはめると、荻窪の線量は0.09マイクロシーベルトくらいになるのでしょうか? 
また、0.1マイクロシーベルト=30Kbq/㎡にあてはめると、0.06マイクロシーベルトくらいになるのでしょうか?
0.06マイクロシーベルトの場合、共産党が調査した杉並区の線量0.066マイクロシーベルトに近くなりますね。
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_3.pdf

いろいろ計算してみましたが、これらの数字をどうみられますか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
スポンサーサイト
コメント
東京圏と東京
通常、Tokyoと言う場合、東京圏の人口を指します。
東京圏の人口は神奈川、埼玉、千葉も含まれるため、現在は約3650万人です。http://bit.ly/968PXx
よって、バズビー氏の数字の方が正しく、1300万人で再計算されたのは誤りになります。
2011/07/12(Tue) 17:28 | URL | YOU | 【編集
お返事
>福島県南部というと、原発からはどれくらいの距離になるのでしょうか?

60Kmくらいです。今の線量は0.18~0.16μSv/hくらいです。
会社(須賀川市)は0.25μSv/hくらいです。


>計測数値は、政府の数値より高く出ていますか?

県や政府の発表は、γ線だけ測定しているのかな?と思います。
そういう意味では正確なのだと思います。
また、自然放射線量0.04μSv/h程度も、多分γ線のみの数字で、地上10m以上での観測なのかな?と思うので、地表1m程度の線量だと、0.18μSv/hというのは通常値の2倍程度と推測しています。
私はcpmを基準に測定していますが、農地やグランドなどは、100cpm程度に落ちてきています。
ちなみに、汚染の極めて低い他県に行って農地や地面を掘り起こした穴を測定しても50cpm以下は出ませんでした。
この計測機器で50cpmをμSv/hに単位変換すると0.15μSv/h程度になります。


>線量計によっても、数値にばらつきが見られるのですね。

ばらつきはあります。
γ線・β線・α線の計測精度でもかなり違っています。
低線量になればなるほど、機体格差は出てきますね。
ですので、0.2μSv/h以下では、あまり神経質にならない方が良いと思うようになりました。
屋外1m程度の空間で、0.1~0.03μSv/hくらいになると、その差は誤差の範囲と判断しても良い様な気がします。


>これからな内部被曝が問題になってくると思います。
>口に入れるものには、くれぐれもお気をつけ下さい。

ありがとうございます。
食事の管理はそんなに難しくありません。
今後数ヶ月で、土壌中の放射線量は50cpm程度まで落ち、農産物の問題はなくなると思います。(この点が、日本とチェルノブイリの違うところです。)
呼吸に関しては、マスク以外に方法は見当たらないので、肺や気管支や鼻からタンで排出促進できるような方法を試しています。
免疫力を上げると、一日中、のどにタンがからんでいますが、不快な感じはしません。
2011/06/19(Sun) 18:45 | URL | 南條 浩 | 【編集
Re: 浜岡原発は操業停止しても 爆発が近い
どうも初めまして。
コメント、ありがとうございます。

バズビー博士には時々コンタクトしていますが、こんなことを話していました。
「重要なのは、逃げることです。また、保険会社は、住民が影響を受けている放射線量に比例して、賠償すべきです。1マイクロシーベルトごとに1万ドル払うとかいう形で賠償すべきです。放射線により、癌で死ぬ人が増えるわけですから、それくらいすべきです。原発が爆発したために放射線が出たわけだから、それに対して賠償されるべきです。いいアイデアだと思うんですがね」

どう思われますか?


> (1)浜岡原発は操業停止しても 爆発が近い
>   福島原発-1では、メルトダウンして3ヶ月以上経って、核燃料棒集合体のメルトダウンからスルーダウンへ破局が進行した結果、圧力容器と格納容器に穴が開いている1,2,3号炉の新たな核爆発が切迫している。
>  その上、東海・東南海・南海・日向灘連動の「西日本大地震」+大津波+原発爆発(震源近くて活断層上の浜岡原発・猛毒PuとUのMOX燃料の 
> 愛媛県伊方原発・同佐賀県玄海原発・活断層上の鹿児島県川内sendai原発の爆発)という新たな3大破局が目前に切迫している。
>  そうなったら1都6県の首都圏は壊滅し、その住民4240万人は、浜岡原発大爆発で福島原発-1との挟み撃ちになる。国内に避難先はない。海外避難が必要になる。中部・近畿・中国・四国・九州も壊滅する。しかし亡国菅内閣は、緊急対策を何もやっていない。知らん顔で、利己心から地位にしがみついて、即時退陣の国民的要求に逆らって、専ら延命を図っている。背任・国家反逆罪・過失殺人罪だ。
>  国会でも金権奴隷・ゾンビ低脳の首相・閣僚・議員らが、民主、自・公から共産まで全与野党と共に、議論から除外して、国民を騙している。
>  日本人全滅の危機が迫っているのに、この亡国のていたらくだ。直ちに菅亡国内閣打倒のため数百万の首相官邸前デモに決起せよ!
> http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/84.html  
>
> (2)福島原発-1の爆発は核爆発だった YouTubeの映像が実証した:
> 欧州放射線危機委員会のバズビー教授の指摘:「福島原発-1の爆発は水素爆発ではなくて、。日本人は既にチェルノブイリ事故以上の放射線被曝を受けている」
>  映像:http://www.youtube.com/watch?v=5PFRQ4jDUE4
>
>  当方はそれより前に、それを指摘していた。
>  PuとUのMOX燃料使用の3号炉が核爆発したキノコ雲の写真を見よ:
> http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/82.html
>  
>
> (3)欧州放射線リスク委員会が菅一派とマスゴミ幹部らを法的に制裁せよと勧告
>    分析と勧告
>   
> http://www.llrc.org/fukushima/subtopic/fukushimariskcalc.pdf
>
> C.Busbyバズビー教授の結論と勧告:
>
>   欧州放射線リスク委員会のモデルによれば、福島原発-1の100km圏内に年中留まって住む人々の通常以上のガン発生数は、10年間で約20万人、50年間で20万人である。100~200km間に住む700万人のガン発生数は10年間に10万人で、50年間に22万人を少し上回る。IAEAの報告では汚染レベルがかなり下回っている。IAEAブレティンの地表ガンマー線量より実際は2~3倍高い。
>
>   福島原発-1の北西100km圏内の住民は直ちに避難して、この地帯を立ち入り禁止にするよう勧告する。
>
>   データーを知りながら公衆に隠した人々に対しては調査と法的制裁が行われるべきである。調査と法的制裁は、メディアでこの事件の健康に対する影響を最小化している人々に対して行われるべきである。
>
>  論評:これは正論である。菅直人亡国首相への不信任決議案が野党によって国会に出される。民主党でも小沢派、鳩山派と中間派の一部が同調する。菅一派は切り崩しにかかっているが、成立させて菅を権力から叩き落し、マスゴミ幹部らと共に、大量致死実行罪容疑で起訴すべきだ。菅は、政治資金規正法違反でも、前原に続いて退陣すべきだったが、福島原発-1爆発で退陣が遅れているから、2重犯罪で即刻退陣させよ。
2011/06/16(Thu) 09:26 | URL | makikolove | 【編集
Re: タイトルなし
こんにちは。
ブログにご訪問下さり、ありがとうございます。
4号機のあの情報は私もその後どうなったのかと思っているのですが、
ツイッターを見ると、実は3月時の映像だったという情報も出ていました。
実際のところ、どうだったのでしょう?
米国ブルックヘブン国立研究所は、1997年に、燃料プールに火災などの事故が起きると、
500キロ圏内で138000人が死亡するというレポートを出しています。
4号機の補強工事、早く進むといいですね。


> こんにちは はじめましてkzと申します。
>
> いつも良い情報ありがとうございます。
>
> 6/14早朝に4号機から大量な煙と光が発生しました。
>
> 御存知でしょうか?再臨界の可能性を示唆している方もいるようですが
>
> 御意見いただけないでしょうか?
>
> http://www.youtube.com/watch?v=k-EDceWFovc#t=1m05s
2011/06/16(Thu) 09:09 | URL | makikolove | 【編集
Re: タイトルなし
いつもお読み下さってありがとうございます!
たくさん取材しても、記事に反映される部分はあまり長いものにはならないので、ブログで紹介しています。

福島県南部というと、原発からはどれくらいの距離になるのでしょうか?
計測数値は、政府の数値より高く出ていますか?
線量計によっても、数値にばらつきが見られるのですね。
これからな内部被曝が問題になってくると思います。
口に入れるものには、くれぐれもお気をつけ下さい。


> こんにちは。
> いつも面白い記事をありがとう。
> 私の自宅は福島県南部ですが、セシウム137 100Bq/kg セシウム134 100Bq/kg  空間線量(地面1m地点)0.2μSv/hです。
> 大まかな計算ですが・・・・・
> このセシウム濃度を土の比重を2.2と仮定するし再計算すると
> 誤0.08�  正0.0064� でセシウム137 100Bq/kg セシウム134 100Bq/kg
> 156をかけて1�に変換すると
> 1�でセシウム137 15.6kBq/� セシウム134 15.6kBq/�
> となります。
> 私の地域は、α・β・γ線を計測しても他の核種はあまり無いようなので、セシウムの堆積量と空間線量の関係が判断しやすいようです。
> http://blogs.yahoo.co.jp/charley0228/folder/1517420.html?m=lc&p=1
> 私も関東を実測しましたが、この測定値は正しいと思いました。
>
> 共産党の汚染マップは、ちょうど半分くらいの数値かな?と思います。
> アロカの線量計が影響しているかもしれませんね。
2011/06/16(Thu) 09:04 | URL | makikolove | 【編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/06/14(Tue) 11:41 |  |  | 【編集
こんにちは はじめましてkzと申します。

いつも良い情報ありがとうございます。

6/14早朝に4号機から大量な煙と光が発生しました。

御存知でしょうか?再臨界の可能性を示唆している方もいるようですが

御意見いただけないでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=k-EDceWFovc#t=1m05s
2011/06/13(Mon) 20:27 | URL | kz | 【編集
こんにちは。
いつも面白い記事をありがとう。
私の自宅は福島県南部ですが、セシウム137 100Bq/kg セシウム134 100Bq/kg  空間線量(地面1m地点)0.2μSv/hです。
大まかな計算ですが・・・・・
このセシウム濃度を土の比重を2.2と仮定するし再計算すると
誤0.08㎡  正0.0064㎡ でセシウム137 100Bq/kg セシウム134 100Bq/kg
156をかけて1㎡に変換すると
1㎡でセシウム137 15.6kBq/㎡ セシウム134 15.6kBq/㎡
となります。
私の地域は、α・β・γ線を計測しても他の核種はあまり無いようなので、セシウムの堆積量と空間線量の関係が判断しやすいようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/charley0228/folder/1517420.html?m=lc&p=1
私も関東を実測しましたが、この測定値は正しいと思いました。

共産党の汚染マップは、ちょうど半分くらいの数値かな?と思います。
アロカの線量計が影響しているかもしれませんね。

2011/06/12(Sun) 15:31 | URL | 南條 浩 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック