上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!
10月27日付けの「日刊ゲンダイ」に書評が掲載されました!

20101027174429_convert_20101028104745.jpg

同紙も、なぜ、ミノルがWTCの建築家に選ばれたのかという点にフォーカスしています。理由は書評にも書かれているようにいろいろありますが、私は「根性」という点で、WTCのオーナーである港湾局とミノルが共通点を見出したことが大きいのではないかと思うのです。港湾局にはセルフメイドの根性ある人材が多く、WTCというピラミッド以来最大の建造物を作るには、建築家にも同じような根性ある人材を求めていました。スラムで育ち、人種差別の中で培われたミノルの根性、それが買われて、彼はWTCの仕事を得ることができたのだと思います。
拙著で記しましたが、ミノルのもとで15年間に渡って働いた近藤恵作さんのコメントは、それを裏付けているような気がします。
そのコメントは、拙著の中で是非、見つけて下さいね!

『9・11の標的をつくった男 天才と差別ー建築家ミノル・ヤマサキの生涯』日経新聞と朝日新聞のダブル書評となって、好評発売中!
どうぞ宜しくお願い致します!

~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
スポンサーサイト
テーマ:書評
ジャンル:本・雑誌
コメント
Re: 「9・11の標的をつくった男」注文しました!
ヤスコ様

どうも初めまして。
拙著をご注文下さったとのこと、ありがとうございます!

アメリカの建築事務所にお務めなのですね。
日本に住む日本人は海外にいる日本人の功績にあまり興味がないという点、私も感じて来ました。だから、ヤマサキについて、日本にいる日本人に紹介できたことは意味があったのではないかと感じています。
ヤマサキが感じていたように、建築の世界というのは、東部の建築家が牛耳っているのでしょうか? 今はそういうことはもうないのですか?
実は、東京で、槙先生にもインタビューしたのですが、ヤマサキとは接点がありませんでした。
トランプビルも日本人の建築家の方の設計だったとは知りませんでした。アメリカで活躍してはいるものの、知られていない日本人の建築家がいらっしゃるのですね。

また、読後感などを教えて頂けたら嬉しく思います。
これを機会に、今後とも宜しくお願い致します。

飯塚 拝


> はじめまして。yasuko kimと申します。
>
> いろいろなブログを点々として「LA発 新婚夫婦 ここが変だよUSA」のブログから飛んできました。
>
> 私はNobutaka Ashihara Architectという建築事務所で働いています。芦原は渡米40年ほどの日本人建築家です。ここで働き始めてから建築家に、特に日本人建築家に興味をもって何人か在米の日本人建築家のストーリーを探していたことがあります。
>
> しかし、英文の記事で日本人建築家の情報は特に少なく、また面白かったのは、日本に住む日本人は多分海外にいる日本人の功績にあまり興味がないようで、日本語での文献を探すのも容易ではありませんでした。(探し方がまずかったのかもしれないですが。。。汗)
>
> ミノル・ヤマザキ先生はそれこそWTCを作ったことからそこそこの資料は簡単に発見できましたが、詳しい経歴やWTCのプロジェクトをどうとったかという話は見つけられませんでした。なので今回たまたま巡ってきたブログでいままで探していた興味深い本に巡り会えて本当によかった!と感謝を述べたくてコメントを残させていただきました!
>
> マンハッタンにはもちろん有名な日本人建築家の作品があります。槙先生のプロジェクトも進行中ですし(今はバジェットの関係でストップしたと聞きましたが)、谷口先生のMoMAなどインターネットで検索するとたくさんの有名建築家が出てきますよね。
>
> でもアメリカ在住の日本人建築家ってなかなか出てこない。。。
> 有名じゃないからということもあるのでしょうが、有名じゃなくてもすごいことしてるのに日本からもアメリカからも評価されないジレンマはすごくあるんじゃないのかなあ、というところに興味を持っています。ダウンタウンにあるTrump BuildingももともとYasuo Matsuiさんという日本の人の設計です。でもどんな人生だったのかあまり調べられません。。。
>
> 飯塚様のようにもっと行動的になって調べないとだめなんでしょうね。
>
> 長くなってしまいすみませんでした。感動と興奮のため書き連ねてしまいました。
> とにかく!ありがとうございました!そして本がくるのを楽しみに待ちたいと思います!
>
> これからもちょくちょくブログに遊びにこさせてください。
2011/05/01(Sun) 10:26 | URL | makikolove | 【編集
「9・11の標的をつくった男」注文しました!
はじめまして。yasuko kimと申します。

いろいろなブログを点々として「LA発 新婚夫婦 ここが変だよUSA」のブログから飛んできました。

私はNobutaka Ashihara Architectという建築事務所で働いています。芦原は渡米40年ほどの日本人建築家です。ここで働き始めてから建築家に、特に日本人建築家に興味をもって何人か在米の日本人建築家のストーリーを探していたことがあります。

しかし、英文の記事で日本人建築家の情報は特に少なく、また面白かったのは、日本に住む日本人は多分海外にいる日本人の功績にあまり興味がないようで、日本語での文献を探すのも容易ではありませんでした。(探し方がまずかったのかもしれないですが。。。汗)

ミノル・ヤマザキ先生はそれこそWTCを作ったことからそこそこの資料は簡単に発見できましたが、詳しい経歴やWTCのプロジェクトをどうとったかという話は見つけられませんでした。なので今回たまたま巡ってきたブログでいままで探していた興味深い本に巡り会えて本当によかった!と感謝を述べたくてコメントを残させていただきました!

マンハッタンにはもちろん有名な日本人建築家の作品があります。槙先生のプロジェクトも進行中ですし(今はバジェットの関係でストップしたと聞きましたが)、谷口先生のMoMAなどインターネットで検索するとたくさんの有名建築家が出てきますよね。

でもアメリカ在住の日本人建築家ってなかなか出てこない。。。
有名じゃないからということもあるのでしょうが、有名じゃなくてもすごいことしてるのに日本からもアメリカからも評価されないジレンマはすごくあるんじゃないのかなあ、というところに興味を持っています。ダウンタウンにあるTrump BuildingももともとYasuo Matsuiさんという日本の人の設計です。でもどんな人生だったのかあまり調べられません。。。

飯塚様のようにもっと行動的になって調べないとだめなんでしょうね。

長くなってしまいすみませんでした。感動と興奮のため書き連ねてしまいました。
とにかく!ありがとうございました!そして本がくるのを楽しみに待ちたいと思います!

これからもちょくちょくブログに遊びにこさせてください。
2011/04/28(Thu) 14:06 | URL | yasuko | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。