こんにちは~。
昨日になりますが、10月10日発売の日本経済新聞に、拙著の書評が掲載されました!
東京にいる高校時代の同級生が下の記事をメールしてくれました。
恵美ちゃん、ありがとう!

今回の作品で、全国紙が取り上げて下さったのは初めてなので、嬉しいです。
評者は建築評論家の飯島洋一さん。
著者としては唸ってしまうような説得力と洞察力がある鋭い論評です。

2010101013170000_convert_20101011155928.jpg

確かに、ミノルの建築哲学は耽美主義的でしたが、その建築工法は近代合理主義に乗っ取っていました。柱などに同じフォームを繰り返し使う工法は合理的で工費の節約になりました。ミノルもそのことは認めています。拙著にも書きましたが、ミノルは、近代合理主義の範疇で、いかに人間的で耽美的建築を造るかということを模索したのです。工法は合理主義的でしたが、常に人がその建物を見て、触れて、中に入ってどう感じるかという視点は忘れませんでした。
詳しくは、拙著をお読み下さいませ!

『9・11の標的をつくった男 天才と差別ー建築家ミノル・ヤマサキの生涯』続々書評に登場して、発売中!
どうぞ宜しくお願い致します!

~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
スポンサーサイト
テーマ:書評
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック