上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔はよくこんな声を聞きました。
「トヨタが元気なうちは、日本も安泰だよ」
しかし、こんなことはもう言えなくなってきそうです。

某誌で、トヨタのリコール問題をリサーチしたんですが、随分と前から、アクセルペダルに問題があることは指摘されいたことがわかりました。2001年以降、このアクセルペダルの不調で、死者が19人も出ていたんですよね。
2003年にも、シエナと呼ばれるミニヴァンでアクセルペダルがおかしいことに気づいていたのに、そのミニヴァンがやっとリコールされたのは6年後という始末。
この対応の遅さはいったい何~~~???
2004年に、日本で、4ランナー(日本では、Hilux Surfという名前)のステアリングに不良が見つかりリコールされたことがありましたが、その不良については、1992年からトヨタ側は知っていたということです。しかも、日本でリコールされたにも関わらず、アメリカでは2005年までリコールされなかったの。2000年頃から、車のオーナーからはおかしいという声が上がっていたそうなんですけどね、訴訟書類によると。

で、被害者遺族からのクレイムを封印するために、トヨタが何をしてきたかというと、表沙汰にされたくないため、金で口止め!!! 例えば、2007年に、カムリが、アクセルペダルの不調で加速したため、衝突事故を起き、ドライバーが亡くなるという事件があったんですが、トヨタは、亡くなったドライバーの遺族に、7フィギュア、つまり、7桁、つまり、100万ドル単位のお金を積んで示談(口止め)にしたということがあったと、LA Timesに出ておりました。

アクセルペダルの問題に気づいたドライバーの中には、トヨタにクレイムを言いに行く人もいましたが、そういう人たちの車はレモンカー(不良車)として買い戻し、買い戻した車を他州で販売していたことも、車の登録記録からわかりました。

車の中には、アクセルやブレーキのデータが記録されているブラックボックスが搭載されているのですが、トヨタ側がそのデータを被害者側に公表しないことも問題視されています。裁判では、大変な証拠になりますからね。不利になる証拠は提供しないのでありましょう。

しかし、今のような事態になり、議会でも審議されるとなると、もはや隠蔽はできない窮地。
アクセルペダルを作っていた部品メーカーの責任にしたところで、ドライバーからのクレイムや事故の発生で、たぶんペダルの不調にはとっくの昔に気づいていたはずなのに、それを隠蔽し続けたという責任はどう取るのでしょうか?

テレビニュースを見ると、TVレポーターが、トヨタ車に問題が起きた場合の対処法を実演を交えて、丁寧に解説していました。加速したら、両足でブレーキを強く踏むこと。それでも、止まらない場合は、ギアをパーキングに入れること。それでも、止まらない場合は、最後の手段としてエンジンを切ること。
見ていて、日本人として、情けなくなりました。
これが、”信頼のトヨタ”として、世界で売り上げナンバー1になった車なの???
まるで、日本の行く末を見るようでありました。

~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
スポンサーサイト
テーマ:アメリカ合衆国
ジャンル:海外情報
コメント
Re: 2008年12月 欧州での出来事
tomoさん、
どうも初めまして。コメント、ありがとうございます。それに、詳細な情報まで!
公聴会でも、日本、ヨーロッパ、アメリカの情報がオープンソース化されていなかった点が指摘されていました。トヨタの対応が遅れたため、アメリカは自分の国だけ、違う扱いを受けたように感じていますね。
黙っているという日本的な企業体質というか秘密主義も指摘されていました。
黙っているのは、言いかえると、気づかれるまでまだまだ利益は出せるという利益優先の姿勢があるからでしょうか。その点はもっと指摘されてもよかったのに、残念ながら公聴会ではそれほど指摘されなかったですね。トヨタと利害が絡んでいる議員もいたからかもしれません。
結局、大企業と政治家の癒着は続いて行くんでしょうか。それを考えると、こういう公聴会も、市民を観客としたお芝居のように見えて来ます。
トヨタの元弁護士のビラー氏は現れませんでした。この方、証拠になる内部文書をもっと持っていると思われるんですが、なぜ現れなかったんでしょうね。

> 欧州で急加速事例を数ヶ月調査したトヨタは原因がアクセルペダルのプラスティック部品にあることを突き止めました。
>
> ところが、欧州当局にはリコール届出せず、NHTSAにも通知せず、欧州で新規出荷分だけだまって対策していました。アクセルペダル部品は米国でも広く使われている部品でした。
>
> 先月1月、この対応に問題がなかったか質問されて、佐々木副社長は、”安全にかかわる問題だとは認識していなかった”と回答しました。
>
> 今年1月19日になって、NHTSAの新局長に米国トヨタ2幹部から、この事実が知らされてNHTSAは態度を硬化させたわけです。
>
> 1年以上前から欧州では対策済みだったのに、黙っているという体質は、今回のPriusでも同じです1月出荷分から黙って対策していましたね。
>
> 元トヨタの弁護士も議会側の証人として証言するそうですから、今回は、欠陥隠蔽の事実を否定できないでしょう。
>
> トヨタの信頼性神話は、隠蔽のおかげでもたらされた虚構の産物でした。 明るみにでてしまうと、リコール台数がとんでもなく大規模になってしまうのは必然でしたね。
2010/02/24(Wed) 23:11 | URL | makikolove | 【編集
2008年12月 欧州での出来事
欧州で急加速事例を数ヶ月調査したトヨタは原因がアクセルペダルのプラスティック部品にあることを突き止めました。

ところが、欧州当局にはリコール届出せず、NHTSAにも通知せず、欧州で新規出荷分だけだまって対策していました。アクセルペダル部品は米国でも広く使われている部品でした。

先月1月、この対応に問題がなかったか質問されて、佐々木副社長は、”安全にかかわる問題だとは認識していなかった”と回答しました。

今年1月19日になって、NHTSAの新局長に米国トヨタ2幹部から、この事実が知らされてNHTSAは態度を硬化させたわけです。

1年以上前から欧州では対策済みだったのに、黙っているという体質は、今回のPriusでも同じです1月出荷分から黙って対策していましたね。

元トヨタの弁護士も議会側の証人として証言するそうですから、今回は、欠陥隠蔽の事実を否定できないでしょう。

トヨタの信頼性神話は、隠蔽のおかげでもたらされた虚構の産物でした。 明るみにでてしまうと、リコール台数がとんでもなく大規模になってしまうのは必然でしたね。
2010/02/20(Sat) 21:19 | URL | Tomo | 【編集
Re: タイトルなし
CHIBIさん、

石塀にぶつかったとは、大変でしたね。身体の方は大丈夫だったのでしょうか?
車メーカーは事故が起きると、ドライバーの運転ミスの方向に持って行こうするものですが、こういう事態になると、もはやドライバーの責任とは言えなくなりましたよね。
最近、自分の車の後ろに新しいトヨタ車が走っていたりすると、急加速するのではないかと心配になったりします。できるだけ、トヨタ車から離れて、ドライブしなきゃって思っちゃいますよね。

> マニュアル車後、トヨタのオートマの車を7台買い替えて来たんだけど、そのうち四台はカムリだった。3台目のカムリの時、2度ほどトラブルがあり、一回目はローのままブレーキを踏んでたのだけどアクセルをふかしたような状態で音がどんどん大きくなって、慌ててニュートラルにした。2回目の時はお寺の鐘釣堂の前で車を止めようと思ってブレーキを踏んだところ急発進して鐘釣堂の石塀にぶっつけてエンジンを切った。よくアクセルとブレーキを踏み間違えたんだって新聞の記事に載ってるけど、それだけなのかな?って疑問をもっている。おいらの場合、寸前まで来てブレーキを踏んだので、ちょっと全面がクラッシュし、石垣にもちょっとへこましただけですんだけどね。ラジエーターは平気だったけど修繕費12万円かかったのを今でも憶えてる。オートマでの死亡事故って時々新聞で読んでたので、普通の運転をしていてそう間違えようのないものだけど、、。ここのところトヨタはセールスのサービスが悪くなり、一方、やたら車検の間の6ヶ月.1年点検をすすめている。
2010/01/31(Sun) 14:24 | URL | makikolove | 【編集
マニュアル車後、トヨタのオートマの車を7台買い替えて来たんだけど、そのうち四台はカムリだった。3台目のカムリの時、2度ほどトラブルがあり、一回目はローのままブレーキを踏んでたのだけどアクセルをふかしたような状態で音がどんどん大きくなって、慌ててニュートラルにした。2回目の時はお寺の鐘釣堂の前で車を止めようと思ってブレーキを踏んだところ急発進して鐘釣堂の石塀にぶっつけてエンジンを切った。よくアクセルとブレーキを踏み間違えたんだって新聞の記事に載ってるけど、それだけなのかな?って疑問をもっている。おいらの場合、寸前まで来てブレーキを踏んだので、ちょっと全面がクラッシュし、石垣にもちょっとへこましただけですんだけどね。ラジエーターは平気だったけど修繕費12万円かかったのを今でも憶えてる。オートマでの死亡事故って時々新聞で読んでたので、普通の運転をしていてそう間違えようのないものだけど、、。ここのところトヨタはセールスのサービスが悪くなり、一方、やたら車検の間の6ヶ月.1年点検をすすめている。
2010/01/30(Sat) 00:39 | URL | CHIBI | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。