FC2ブログ

発売されたばかりのForbes JAPAN 8月号に、「個人より万人の利益を導く群知能スワームAIとは何か?」と題するカバーストーリーを寄稿しました。

近い将来、出現必至な自我を持つ AIに人類が支配されることを懸念した発明家のルイス・ローゼンバーグ氏が開発したスワームAIは、様々な生き物に着目して生まれた民主的なAIです。分断が進む今の社会にこそ求められるAIと言えるでしょう。
どこかで見かけたら是非お読み下さい❗️

ローゼンバーグ氏の家の広大な農場には、様々な動物たちが暮らしています^_^
画期的なアイデアは、こんな暮らしから生まれて来るのかもしれませんね!



スポンサーサイト