上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ISISによる人質問題をリサーチしておりましたが、本日、時々インタビューさせて頂いている関係で、ブログでも何度かお話を紹介させて頂いた、ニューヨーク市立大学の霍見芳浩教授から「政治と情報孤島のガラパゴス日本」と題された以下のようなメールが来ました。
とても興味深いご見解ですので、シェアさせて頂けたらと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
政治と情報孤島のガラパゴス日本

1月26日から2月3日までの日本訪問では以下のことを強調しました。1月31日土にはインターネットテレビのkinKin.TV, 愛川欽也のパックインジャーナルでも述べました。今になって後付けで申しているのではありません。KINKIN.TV は日本で、まともなジャーナリズムが残っている唯一のトーク番組です。皆様の視聴を期待しています。視聴料は毎月Y1,080 ですが、仮登録されてから5日間は無料とのこと。私が出た番組は2月5日と6日に再放送との事。安倍首相が世界でどう見られているかをものべました。

1) On Jan. 20th, ISIS (イスラムテロ国) は安倍首相のエルサレムとカイロでの言動をイスラムテロ国への宣戦布告として、それまで捕らえていた湯川、後藤両氏を人質として日本に対して2億ドルの身代金を72時間以内に払えと要求した。この2億ドルは安倍首相がカイロで声明したイスラムテロ国の被害者に対する救援の2億ドルに合わせたもので、その真意はイスラムテロ国の戦費調達ではなく、日本に対する宣戦布告のボデーランゲージだった。イスラムテロ国としては募兵とヨルダンを米国主導の有志連合から離脱させることだった。
2)1月24日、ISISは湯川氏を殺して日本をビビらせて、安倍首相のイスラムテロ国に対する感情的罵倒を引きだし、無策の安倍首相の幼児性を世界に印象付けた。そして、今度は後藤氏とヨルダンの牢獄にいるイスラムテロ国の死刑囚との交換を要求した。ヨルダンはイスラムテロ国が捉えているヨルダンの航空中尉と問題の死刑囚との交換を要求した。しかし、ISIS はヨルダンが求めた問題の航空中尉の生存の確認は無視した。
3)1月27日からの私の講演では、安部首相を手玉に取るのを世界に見せ付けが終わり、イスラムテロ国にとっての後藤氏の人質としての価値はなくなっており、イスラムテロ国としては募兵とヨルダンの有志連合からの離脱をねらっていると指摘した。航空中尉はすでに殺されているか後藤氏とともに余命はいくばくもないとも指摘した。

残念ながら、私の推論が現実となりました。安倍首相の中東訪問でのまちがった言動を含めて、安部日本の外交音痴と世界での日本の孤立の是正をもとめたいのです。
河野談話と村山談話の骨抜きが安倍首相の狙いです。敗戦70周年に安倍談話を出すとの事ですが、中国、韓国との関係だけでなく、米国との関係も、悪くなります。憲法を改正して"戦争のできる国”に直進する安倍日本ですから”平和日本”のイメージは中東でもアジア太平洋でも消えています。21世紀の戦争では前線と後方の区別はありません。テロと生物化学兵器は弱い国の”核兵器”です。
スポンサーサイト
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。