上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に続きますが、「週刊現代」のカラーグラビア”天才の仕事場”では、コロンビア大学付属プレズビテリアン病院の外科医加藤友朗先生にインタビューしました。人気ドラマ”ドクターX”の主演している米倉涼子さんのモデルになった先生です! ”グレイズ・アナトミー”という病院を舞台にしたアメリカの人気ドラマシリーズがあるのですが、加藤先生は、その中に登場するドクターのモデルにもなりました。エスクゥワイア誌が毎年15人くらいの方々に”ベスト&ブライテスト”という賞を与えているのですが、先生は、2010年にその賞にも選ばれております。
内臓を全摘して腫瘍を取り除くという、世界的に注目された手術を成功させた、”現代のブラック・ジャック”です。

ニューヨークのプレスビテリアン病院内にある先生のオフィスにてインタビュー。息抜きに弾くというクラシックギターがありました。
加藤写真

先生が一番大事にしているのが、手術に使う拡大鏡。
「ひらめきや成果に不可欠だったものは、拡大鏡ですね。これとともに修羅場をくぐってきた。97年から使っている、手放せないものです。ルクステックスというところの拡大鏡ですが、今はそこは拡大鏡を作っていない。もともとライトのメーカーですが、たまたまメガネも作っていた時期があり、その時のクオリティーが素晴らしく良かった。ちょっと重いですが、これだけは手放せないです。24時間の手術の時も、30時間の手術の時も使って来た。重たいので、鼻にめがね跡もついているほどです。ひどいときは、めがね跡が傷になり、かさぶたになったりするんです。拡大率は4.5倍。6倍や3.5倍のものも使いますが、4.5倍の拡大率が適切。視野も広くて、4.5倍でこれくらい見えるものは他にない。大事な道具です。ベネズエラや日本で手術する時も必ず持参しています。
これでいろんな人のお腹の中を見て来た。修羅場の手術も、血みどろの手術もこれで見て来た。レンズを通して見て来たものの数は凄いものがあります。全摘の手術の時もこれで見た。その手術は世界で初めてのことだったので、決断が大変でした。うまくいくどうか未知数だったから」

スポンサーサイト
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
数ヶ月ぶりのブログなので、引き続き、取材した記事の紹介ですw
『週刊現代』の巻頭カラーグラビア”天才の仕事場”で、ノーベル化学賞を受賞した根岸栄一先生と、米倉涼子さん主演の医療ドラマ”ドクターX”のモデルとなった外科医の加藤友朗先生のお二方にインタビューしました。

根岸先生にインタビューするのは3度目。今回は、初めて、先生のオフィスがあるパデュー大学を訪問しました。
大学はインディアナポリスの郊外にありますが、大学専用の空港まであるのにはビックリ!
IMG_4928.jpg

IMG_4924.jpg


先生のオフィスがあるケミストリーの校舎の入り口には、先生の胸像も設置されていたので、先生と一緒に2ショット。
相変わらずミーハーでスミマセンw
根岸写真

先生のアイデアの元は、化学元素の周期表なのだそうです。
記事には反映できませんでしたが、”炭酸ガスを悪者にしてはならない”という以下の主張が興味深かったです。
「周期表の中でも、金、白金、イリジウム、パラジウム、という4つは一番高い金属です。それにも関わらず、この4つは、確実にある。これを人間の多くは毎日使わなくてはならない。これらのお世話になっているのです。どこで使われていると思いますか? 車の一番汚いところというとマフラーですが、マフラーの中に、ガラス繊維(ウール)があり、その中に、微粒子でわずかに分散されているのです。これがどういう役割をするかというと、排ガス処理をするのです。一酸化炭素の処理をするのです。一酸化炭素が、こういうものが細かく分散されているところを通ると、炭酸ガスになるのです。
炭酸ガスは今悪ものにされていますが、我々科学者からしたらそれはとんでもない話なのです。炭酸ガスをもっと使わなくてはならない。炭酸ガスが我々の有機体、動物植物その他も含めての元だから。炭酸ガスと水が元だからです。骨は別ですが、柔らかいところは炭酸ガスと水でできているんです。だから、炭酸ガスを悪者にするのはもってのほか。自然に返してやるのが大事です。例えば、植物は、炭酸ガスを常時吸っています。すると葉になり木になる。木や草花は主に炭酸ガスと水でできています。お米もそうです。お米の炭水化物をもらって、タンパク質もできるのです。もちろん、炭酸ガスが今多すぎるという問題はあるでしょうが、悪者にするのはとんでもないと思います」

現在発売中の「AERA」8月25日号の大特集「英語で人生を変えよう! 英語は気持ちが9割」にて、レコーディング・エンジニアを務めたアルバム『VIDA』が、今年、グラミー賞を受賞した、Sadaharu Yagi(八木禎治)さんにインタビューした記事を書かせて頂きました。
是非、ご一読下さいませ♡

インタビューしたのは、八木さんがベースにしている、ハウス・オブ・ブルースのレコーディング・スタジオ。かつては、チャーリー・チャップリンやティト・ジャクソンが所有していた邸宅の中にありました。現在は、ハリウッドにあるライブハウス「ハウス・オブ・ブルース」の会長が所有しています。
南欧調の大邸宅には、プールハウスや別棟も!

IMG_2319.jpg

スタジオ内のウォールには、ボブ・ディランやアルバート・キングなど名アーチストの石膏画がズラリと飾られていました。

IMG_1964.jpg

IMG_2004.jpg

八木さんは、シャキーラやリッキー・マーティンを生み出した名プロデューサー、ドラゴ・ロザに見い出されて『VIDA』のレコーディング・エンジニアに任命されました。英語の特集なので、いかに英語を学んだかを中心にお話を伺いました。
「日本人が英語ができないのは、間違いを犯すことを恥ずかしがる文化と深い関係があると思う。失敗を恐れずに、思っていることをどんどん英語でしゃべる姿勢が重要だと思う」
という言葉に納得!

IkMN9exu1TAtfg9H80w7Vcw2Bq_wnVmaB6YDfuOpVFo,EyoSL9kEIIARcyMvV3EI1cOSV0tKIS1JAiVmPmCRqkc,B5MxJ3D1IgHhoDxeG3iN3VYoV4gNpG2YPf8lXEKDRrI,SZ8zDUTRQIETXMD7aNoFARq9iLWphLCjYIYyzScSXAw-1
八木さんと記念の2ショット。背後にあるレコーディング機材、よくわからないけど凄いです。

日本人、内向きにならず、どんどん海外に出て活躍してほしい!
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
お知らせが遅れてしまいましたが、9月5日発売のNumber 836号にて、イチローが、シアトル・マリナーズ時代に262安打というシーズン最多安打記録を出した時のシアトルの熱狂ぶりについて取材した記事
"イチメーターで甦った興奮 262安打の熱狂 「シアトルに舞い降りた特別な夜」”
を執筆致しました!
これまで、週刊誌ではスポーツ関連の取材をしてきましたが、スポーツ誌に記事を書かせて頂いたのは初めて!

number.jpg

担当の編集者さんによると、このNumberは完売したそうです。
イチローパワー、恐るべし!
書店にはもうないかと思われますが、もしどこかで見かけたら、是非ご一読下さいませ♫

DSC02634_convert_20130921023841.jpg

DSC02635_convert_20130921023938.jpg

記事では、イチローの総安打数を数え続け、イチメーターというボードでその数を表示してきたエイミー・フランツさんに、ニューヨークにてインタビュー。ヤンキースタジアムで、イチローが4000本安打を達成した後、記念の2ショットも撮らせて頂きました〜。

DSC02375_convert_20130921032351.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
現在発売中の『週刊現代』12月15日号内 “私の地図” にて、音楽家の広瀬香美さんにインタビューしました。
是非ご一読下さいませ♪

広瀬さんは、LAと東京を行ったり来たりしながらお仕事されていらっしゃいますが、先日、LAにご滞在されていた折り、パロスバルデス半島にあるテラニアリゾートにてお話を伺いました。
一番心に残ったのは、加藤諦三先生のご著書の影響を強く受けたというお話。長い間、自分のことを受け入れられず悩んでおられた広瀬さんは、先生の本に巡り会うことで、あるがままの自分を受け入れられるようになったということです。

hiroseme2_convert_20121206130612.jpg
ランチをご一緒した時に撮らせて頂いた広瀬さんとの記念の2ショット。

広瀬さんは今年でデビュー20周年。
デビッド・サンボーンら有名ミュージシャンらが参加した記念アルバム”And.Love.Again”も発売されました!
来年2月には、名古屋(2/3)、大阪(2/9)、東京(2/23)でツアーも予定されています。
是非、足をお運び下さい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日も、マイブログへのご訪問、ありがとうございました!

LOVE YOU

ブログランキングに参加中です。
下をポチッと、クリックしてね。

Thank you so much
テーマ:雑誌掲載&取材
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。