FC2ブログ
発売されたばかりの週刊文春WOMANに、「ローナン・ファローにアメリカは熱狂する」という4ページの記事を寄稿しています。宜しかったら、お読み下さいませ!

ローナン・ファロー氏は、2年前、アメリカで問題となった、映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏による性的暴行疑惑をスクープしたジャーナリスト。ウッディ・アレンとミア・ファローを父母に持ちますが、ミア・ファローの前夫フランク・シナトラが実父ではないかとも言われています。
ファロー氏は、記事で、ワインスタイン氏に性的暴行を受けた女優やモデルたちの肉声を伝え、それが#MeTooムーヴメントに繋がりました。
ファロー氏の今後の活躍も注目されるところです。


スポンサーサイト





10月29日は、インターネット生誕50年でした。
インターネットの生みの親と言われているのが、写真左のレオナルド・クラインロック博士。取材の際、一緒に記念撮影を撮らさせていただきました。

写真のUCLAのボエルターホールの3420号室から、世界で初めて、インターネットを通して、メッセージが、スタンフォード大学の研究室に送信されました。写真中央が、送信に使われたコンピューターです。
LOGIN(ログイン)という5文字を送信しようと思ったところ、最初の2文字のLOまでは送信できたのですが、容量不足で、Gのところでクラッシュしてしまったそうです。
それでも、人類にとっては大きな一歩になりました!
50年先、インターネットはどんなふうに進化しているのでしょうか?

10月10日の夜、ロサンゼルス郊外のシルマーという地域で山火事が発生しました。
写真のように、海の方まで煙が流れ込んで来ました。太陽はかすみ、焦げ臭いにおいも漂っていました。
このシーズン、ロサンゼルスでは、サンタアナ・ウィンドという強風が吹き、山火事が起きやすい状況にはなるのですが、それだけが理由とは言えません。
問題は地球温暖化。
2015年以降、温暖化の影響で、カリフォルニア州では大規模な山火事が頻発化しています。
しかし、トランプ大統領は温暖化に懐疑的で、温暖化対策とは逆行するような発言もしています。
目を覚ましてほしいものです。
 

今年も残すところ、後3ヶ月ですね。
LAは朝晩、肌寒い季節になりました。
スーパーでは、ハロウィンのパンプキンがゴロゴロ。

 

「週刊現代」10月19日号にて、先日、ジム・ロジャーズ氏にインタビューした記事「北朝鮮と韓国は必ず一緒になる、そのとき日本は」が掲載されています。
宜しかったらお読み下さいませ!

ロジャーズ氏には先月、東京でお目にかかりました。
電話では何度もインタビューしているロジャーズ氏ですが、お目にかかったのは初めてだったので、感動もひとしおでした☺️

日本の未来に警鐘を鳴らしてているロジャーズ氏ですが、私も日本の未来には危機感を覚えています。
アメリカから世界を俯瞰すると、日本が後進国への道を辿っているように思えます。日本の周辺諸国はどんどん変わっているのに、日本だけは昔のままで変わっていないように見えます。

以前インタビューしたある知日家の米識者が話していたのですが、「日本には“日本”という宗教がある」と。なるほどと思いました。それだけ、日本人は日本というものに固執していて、なかなか変わらないという指摘でした。変わらないというのは、つまり、世界に対してオープンではないということです。極端に言うと、いまだ“鎖国状態”なのではないかと思えることもあります。

こうかくと“反日”と批判されるかもしれませんが、中国の人々や韓国の人々の方が、世界に対してずっとオープンで、世界に溶け込んでいるように見えます。そして、日本はこれからどんどんオープンにならないと、国内需要だけでは日本の経済成長は見込めず、貧しい国へと転落していくのは必至ではないかと。

そんな未来への危機意識を、人々が持っていないことにも危機感を覚えます。日本の未来を“お上任せ”にしているのでしょうか? しかし、お上は何もしてくれません。

ロジャーズ氏があるインタビューの時にこう言いました。
「現時点では、中国の未来の方が日本の未来より明るいです」

日本の方々はこの言葉をどう受け止めるのでしょうか?


発売されたばかりのForbes JAPAN 8月号に、「個人より万人の利益を導く群知能スワームAIとは何か?」と題するカバーストーリーを寄稿しました。

近い将来、出現必至な自我を持つ AIに人類が支配されることを懸念した発明家のルイス・ローゼンバーグ氏が開発したスワームAIは、様々な生き物に着目して生まれた民主的なAIです。分断が進む今の社会にこそ求められるAIと言えるでしょう。
どこかで見かけたら是非お読み下さい❗️

ローゼンバーグ氏の家の広大な農場には、様々な動物たちが暮らしています^_^
画期的なアイデアは、こんな暮らしから生まれて来るのかもしれませんね!